スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月下旬の区民農園

112811月の畑
今、畑で生きているのは...
南サイド:芽キャベツ、プチ・ヴェール、ブロッコリー、ホースラディッシュ
西サイド:白菜、里芋
北サイド:島唐辛子、小カブ、小松菜、ラディッシュ、壬生菜
中央の畝:ジャガイモ、ブロッコリー、小松菜、青梗菜
... は、ビニールのトンネルの中。
こんな感じ
1128ビニールトンネル 1128トンネルかぶ
空気穴から覗いてみると、小かぶの双葉が育っています。
でもさすがにこの1週間の冷え込みが急だったためか、
葉もの野菜の方はまだ発芽してないのです。
トンネルだけじゃなく、種まきした地面にもベタがけという覆いをしたほうが良かったかなぁ?
1128じゃがいも
この赤いのは じゃがいも。(^-^)
夏の終わりにいただいた家庭菜園産のじゃがいもをいくつか植えてみたもの。
試しに掘ってみたら、出来てましたよ!
もっと晴れの続いた日に掘り起こそうかと言っております。
(今日は、朝まで雨が降り続いてましたので)
1128島とうがらし
これは沖縄地方のとうがらし 島とうがらし。
小粒でつるっとしている島とうがらしを沖縄のお酒、泡盛に漬込むと、
「こ~れ~ぐす」という調味料になります。
枝葉が下の方から黄色く枯れてきて、とうがらしもまっ黄色に。
早く赤くならないかなぁ。(^v^)
1128芽キャベツ 1128芽キャベツ2
最後は 芽キャベツ。
やっと芽キャベツベィビーが見えてきました。
それにしても、葉っぱも丸くていかにもキャベツができそうな姿が面白いです。

テーマ : 野菜づくり
ジャンル : 趣味・実用

雨と畑

1008かたつむり
雨降りと言ったらカタツムリ登場。(^-^)
晴れた日に見かける彼等は殻ツムリ...。

彼がすすすと登る寒冷紗のトンネルの中では、
1008芽キャベツ
こちら、芽キャベツなどが大きく育っています。(^o^)

大きくなったのはこちらも。
1008ハクサイ
白菜です。ちゃんと結球してくれるといいなぁ。

ちゃんと、と言えば、これ。
1008じゃがいも
ちゃんと芽が出ました! (^O^)/
お客さんに沢山いただいた家庭菜園穫れたてジャガイモを、
少し埋めちゃったわけです。
芽出し抑制剤などの薬はかかっていませんから。(^-^)
で、紫の皮、黄色いお芋のジャガイモでしたので、
ご覧のジャガイモの芽も黒っぽいです~。

黒と言えば黒豆大豆...
1008黒豆
こちらはサヤはあれど中身の豆が出来てない。
それはわかっちゃいるけどやめられない。

今日のきれいどころ。(^-^)
1008島とうがらし花
やっっっっっっっっと咲いてくれた 島とうがらしの花です。
爪ほどの大きさの白い花が咲きました。
ほかのとうがらしが畑で真っ赤(本当にきれいな赤ですね!)に出来ているのに、
沖縄/島とうがらしは今やっと開花。
大事にしておいて良かったよぉ。

テーマ : 野菜づくり
ジャンル : 趣味・実用

畑も秋分の日が過ぎ...

0924秋分の日の畑
朝、障子越しの太陽のまぶしいこと!
秋分の日を過ぎ、いきなり日の角度が低くなったような...。
畑に行ってみると、日陰になってます。
まぁ、仕方ない。(^-^)

探り彫りで結構美味しかった里芋。
地上部が枯れたら収穫なんだけど、まだまだ元気。(^-^)
/0924里芋

4日程前にいっせい種蒔きをした組は...
0924蟻目線 0924ホウレン草 0924ハクサイ
小松菜、法蓮草、ラディッシュ、ルッコラ、青梗菜。
双葉、全開です! (^o^)
白菜の外葉は随分虫に食べられてますね。ま、いいや。

芽キャベツは...寒冷紗越しに見ても購入苗のほうはいたって健康。
種蒔きし、定植した苗は虫食い穴が~。
0924芽キャベツ

果たして食べる所まで育つのか疑問のホースラディッシュも、
ご覧の通り、順調に育っています。
0924ホースラディッシュ

そして、ゴーヤと一緒に沖縄を思い出す苗、島とうがらし。
小さいトウガラシを沖縄のお酒<泡盛>につけ込むと、
卓上調味料コ~レ~グスが作れます。
他のトウガラシがきれいな赤に育っているのにうちのコったら...
と思っていたら、やっと小さい小さい蕾がつきました。
小さ過ぎて見つけらんない? (^v^?
きれいな葉っぱの上にはモンシロチョウも。
0924k島とうがらしの蕾 0924モンシロチョウ

ふと見ると期待の秋なすの株が弱ってます。
ピーマンの株も下の方で新しく花が咲き出しています。
0924ピーマン剪定

ここは思いきってナスを整理し、
ピーマンも収穫して、剪定してしまいました。
この素人考えがいつまで通用するものか、見物です。(v_v)b"

そして、又しても大豆(黒豆)にショッキングな事件が!!
寒冷紗トンネルをはぐってみたらびっしりのアブラムシ and びっしりのコナジラミ~!!
きゃ~っ! (>_<)
って言っても、開花時期に水不足だったせいでしょう、
数ある茶毛の立派な莢に豆の感触はなく。。。
こんなの大事にしてど~すんの!?
さっさとひっこ抜いちゃえ!
というもう一人のわたしの声がしないこともない。
でも、でも、
万が一にも、ころ、って数粒でもできるかもしれないしぃ。
もうちょっと、大事にしてみたいです。

テーマ : 野菜づくり
ジャンル : 趣味・実用

まだ諦めない大豆

何だかとっても大豆な生活。

カビだらけのじめじめ大豆が取れ、
それは業界では腐敗粒と言って格付け外だと分かり、
枝豆としては美味しかったけど、大豆としては失敗、全滅...。
諦めた、と思ってみたけれど、
そこはやはり心のどこかで諦めきれない自家栽培の失敗大豆。

思いきって昨日の秘伝豆(山形産のきれいで立派な大豆)を売っていた出店の店主に教わりに出掛けました。火曜日までいるって言ってらしたので。

「昨日いただいたお豆は今朝早速美味しくいただきました。ついてはお忙しい所すみませんが、ひとつ教えて下さいますか?」
「今日も、食べてって! 何なに? いいよ、何でも聞いて!!」
「腐敗粒ってもう食べられないんでしょうか?」
「土俵(畑の土のことでしょうねぇ)が悪かった?」
「いやいや、全くの素人で種蒔きのタイミングを間違えたようです。」
「豆、見せてくれる?」
「恥ずかしながら、はい、これこの通り...。」
「あ”~。」
「(やっぱり諦めないといけないのか?)」
「う~ん、もっと乾かしてから、水でもどして茹でてごらんよ。それで中まで腐ってたら駄目だけど、これならやってみ!」

ひゃっほ~い! (^o^)
やってみます、やりますとも!!
わ~い、捨てずに済みましたよぉ!
そこまでやってみれば、諦めもつくでしょう。

テーマ : 野菜づくり
ジャンル : 趣味・実用

夢にまで出そうな大豆

0919秘伝豆
山形県産 秘伝豆 の大豆を買ってしまった。
安くないのに...。



は~。
春植えた緑豆、茶豆全滅の悲しい事実にショックは大きく、
夏前に植えた黒豆に一縷の望みをかけています。
草花や葉もの野菜の種蒔きとは別物だったと反省するも、
大豆~、「大豆から手作り味噌」の夢が~、捨てきれぬ~!

この反動です。
試食した「秘伝豆のひたし豆(塩ゆで大豆)」のなんとふくよかで口いっぱいに食べ物を食べている感触の大きいこと!

目の前に現れたんですもの、「秘伝豆」買ってしまいました。




そう、大豆の失敗から勉強は続いておりまして、
こうなりゃ在来種の豆(古来よりその土地で育て続けられている種)にかけるか、とか、
大豆トラスト(会費を払い除草、手入れを手伝い収穫の分け前をもらう)とかで週末通いの大豆栽培をするか、とか、
「来年こそは収穫したい」の一念で頭の中はいっぱいです。

でも東京に在来種はなさそう...近くて、千葉県の「小糸在来」。
だいたいJAもない東京埋め立てエリアで私は何を考えているのだろう?

もう夢にまで大豆が出てきそうです。

来年も区民農園に当選して(だから、抽選だってば!)大豆リベンジを計るのだ!!

<ここで失敗者のわたくしから ひとこと>
大豆が欲しかったら、[美味しい枝豆の育て方] [美味しい枝豆の種]などに惑わされてはいけません。いくら枝豆が大豆の若穫りだからと言って、大豆が欲しかったら注意です!! (>_<)

テーマ : 野菜づくり
ジャンル : 趣味・実用

大豆栽培の勉強

図書館へ。
「これこれ、こういうのが見たかったぁ!」という資料発見。
と、思ったらしっかりインターネットで閲覧できました。
(^v^? 下記。

農林水産省/農林水産技術会議 刊行物(農林水産研究開発レポート)
『大豆の安定・多収を目指して』


これによると、先日のわたくしの失敗大豆は「腐敗粒」で等級外であることが判明。
これで諦めがつきました。

テーマ : 野菜づくり
ジャンル : 趣味・実用

大豆100%カビ粒...大泣

0913大豆脱穀 0913大豆カビ粒 0913大豆水洗い
人生初の家庭菜園で、初の大豆栽培。
数冊の本といくつかのサイトを参考に、
枝豆までは!! 美味しく出来ました。
その後がよくありませんでした。
種蒔きが早過ぎて、
豆の成熟期にとって良くない時期にあててしまったんですね。
おまけにカメの形をしていないホソヘリカメムシを、
ガタイのいいアリかハチの遠い親戚と思い、
しっかり寒冷紗のトンネルに閉じ込め飼ってしまったのだもの、
泣くに泣けない。。。
おまけに8月の雨続きで莢から発芽する始末。。。
刈り取り、ベランダで乾燥させ、(- -)
それでも一応手作業で脱穀してみました。
たいした量ではないので。(- -)

見事、事故米ならぬ事故豆100%です。
カビ粒と、成形不良粒。
悪あがきをしてカビを水洗いし、干します! (.v.)

テーマ : 野菜づくり
ジャンル : 趣味・実用

9月の畑 - ジャガイモ登場

お客さまのお母さまが作ったというジャガイモをた~っくさん頂きました。(^-^)
皮が赤く、お芋が黄色いジャガイモです。
夕飯にポテトサラダにして頂きましたが、とっても味が濃くて美味しいお芋です。

例によってジャガイモの種芋はホームセンターでは1Kg入りにしか出会えず、
夏野菜後のスペースの大半に、既に芽キャベツ、白菜の苗を植えたので、
はっきり言って、もうジャガイモのことは忘れてました! (^v^?

こんなにたくさん貰ったけど、芽が出ちゃいそうだ...
芽が出ちゃいそうだ...
芽が...芽が...芽が...

きらっ!

これは立派な種芋ではありませんか! (^O^)
防カビ剤も芽出し抑制剤もかかってないです。
たくさんあるので少々種芋にまわしてもまだまだ食べる分はあります。

「みのさんの番組で、素人さんは種芋切って腐らせるより、丸のまま植えた方がいい、って言ってたぞ。」by だんなさん。
「そう! それは又悩みの種が減って良いです。」by わたし。

じゃ、実はたくさんあれど勢いの無くなって来たゴーヤ(ウリ科)に見切りを付け、
その後のスペースに早速ジャガイモ(ナス科)を!

というわけで、遠慮なく4個植えて来ました。(^.^)
秋植えジャガイモのスタートです。

テーマ : 野菜づくり
ジャンル : 趣味・実用

やはり完敗...大豆の反省

ふ~っ。
自家製味噌のために、と楽しみに育てた大豆。
緑豆と茶豆の前半組は、見事完敗。
虫食いや病気、はてはサヤから発芽!?
夏場にカビ発生。
悪あがきをして刈り取った株をしばらくベランダで干していましたが、
サヤを割るうちに、
「いびつだけど豆だよな...
真っ白のカビに覆われてるけど、豆だよな...
消毒すれば食べられるよな...」
と、あまりの完敗ぶりに食べれない豆が食べられるような気になってきました。
(ほんとに食べられないの?)
その豆たちのあまりに悲惨な姿に写真を撮る気さえ失せます。
これが、一年の食料がかかった一家の食べ物だったら...ゾ~ッ!
来年は食べるものがない~。

悲。。。

*本当なら、の参考記事。
こちらのように収穫できるはずの大豆。

そして、虫食いもほとんどない後半組の黒豆には虫よけの寒冷紗をかけ、
これだけはころっころの黒大豆を収穫するぞ、と思っていたわけです。
6月下旬に種まきした黒大豆は、今月中旬が枝豆として食べられる時期。
今日は、これを期待してちょこっと収穫。
しかし、なんかやせっぽちのサヤ。
いつものように塩ゆでして、さぁ、味見!!
???
豆が無い!
消えてしまった!!
そもそも、豆は出来ていたのか?

なんだかかなりお先真っ暗な初めての大豆栽培になりそうなのです。
哀しすぎます。

*一番の理由は、大豆を収穫するには種まきが早すぎたのでしょう。(花火シーズンに自家製枝豆を食べるのにはGoodな早蒔き!)成熟期に梅雨から夏の大雨が重なったわけで、そりゃ~も~、悲しい結末が待つのみ! それだけじゃないようです。害虫の飛来時期も限定的だそうで(@北海道)、その時期を外した遅蒔きをすると被害がかなり減少するとか。確かに後半組の黒豆は遅蒔きでした。

*「枝豆」として売られている種を大豆にまで育てようと思うのは間違っていたでしょうか? はぁ~。こちら、「うさぎかずこさんの家庭菜園日誌」を拝見すると、う~む、と唸ってしまいます。ただ、収量が違うだけで、やはり枝豆の種でちゃんと大豆は収穫できますよ、ね!

テーマ : 野菜づくり
ジャンル : 趣味・実用

里芋の探り掘りと仲秋の名月

0908サトイモ探り掘り
畑の北西の角っこでじっと育っている里芋です。

里芋の本格な収穫時期は10月以降、まだひとつき以上先ですが、
9月に入ると初物のお芋が出来はじめているとかで、
ちょっと失敬! ってな感じで手で土の中を探ります。

あった、あった! (^o^)
子芋です。
なんだか皮も薄いし、芋も真っ白しろ~!

と、喜んでいる今時分、そろそろ仲秋の名月。
今年は9月14日のようです。
で、お月見にこの初物の里芋もいただく風習があるそうで、
仲秋の名月、別名<芋名月>だそうです。

*十五夜の月見(旧暦8月15日、仲秋の名月)と、十三夜の月見(旧暦9月13日)とは対にして愛でる行事とするようです。どちらか一方だけ、というのは片月見と言って忌み嫌うとか。で、十三夜の頃には栗や豆が収穫時期。こちらは栗名月、豆名月と言うそうです。
<上越市三和村『米と酒の謎蔵』資料館にて夏休みの自由研究 (^v^) >

テーマ : 野菜づくり
ジャンル : 趣味・実用

カテゴリー
Translation(自動翻訳)
最近の記事
リンク
プロフィール

くらた きょうこ

Author:くらた きょうこ
『14階の縁側日記 - ぶろぐ版』へようこそ!
私は町の調律屋です。
ピアノの調子はいかがですか?
調律のお問い合わせは、
カテゴリー
『調律のお問い合わせはこちらです』
を、ご覧ください。

ただいま14階のベランダでバラを育てています。
ほか、脈絡のない記事が並びますが、ごゆるりと。

「プロフェッショナル:自分のやりたいことをやるのではなく、相手の期待にこたえるもの」(by 三谷幸喜)

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。