スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨...つめたい...涙目

師走の冷たい雨の日は、嫌いです。
特に仕事帰りの暗くなった道路。
ぎらぎらするのは道路や車に反射するライトの雨と、人間。
いや、人間のはいらいらかな。

それでなくても見えにくい視界なのに、
師走だと何か気が急かされている感じがして堪らない。

こういう時は事故などに要注意。
ちょうど1年前!
内堀通り、祝田橋 ... ううう ... 。
右から車線変更してきた車に、
車の右後ろをこすられた。
で、こっちは事故に非常に不慣れなため警察を待った。
雨。
と~っても寒かった!!
冷たい。
通り過ぎる車からの視線が冷たい!!!

で、風邪ひいた。

何事も疑ってかかる保険屋の電話に嫌気がさし、
「こんな擦傷でお手間をとらせるこちらが悪うございました!」
と、交渉を降参した。
だって、いや~な案件を抱えた年越しなんて、
自分らしくないのだもの。

あ~ぁ。
冷たい雨の師走の夜は、
こんなことを思い出すことになってしまったぁ。
嫌だ、いやだ。



それと、今日は愛犬の命日だった。
15年経つのだそうだ。
シェットランドシープドッグ。
初めて飼った犬。
父親と繁殖家さんの家まで子犬を迎えに行ったときのこと、
はっきり思い出せる。
良い飼い主ではなかったなぁ。
でも、あのコのいた歳月がない自分の人生なんて、
考えられない。

そうだった、寒い時期でしたね。
「あぶないかも...」と連絡をもらい、付き添ったっけ...。
点滴の管を交換したり、
ずっとさすってあげたり、
すっと話しかけてあげたり。
あのとき、会社を何日休んだんだ?
明日だけは休めないから、っていったん帰宅したんだよな。
で、家に着いた所へ「今、息を引き取ったわよ。」って。。。

涙じょば~~~~~~~
書いてる今も、涙じょば~~~~~~~~~

で、大事な仕事はこなさせてもらい、
その後お葬式が出来たんだった。
そんなことまで、犬が気を遣った、なんて思えるのだ。

「犬を飼うこと」を知って、
今はまだとても飼えないと思ってる。

そういえば、今年愛犬をなくした師匠は、
かなりの頻度で愛犬に指を咬まれているそうな、夢の中で。

うちのコは、あまりしょっちゅうは夢に出て来ていなかった。
私が覚えていないだけか分からないけど。
でも、数年おきに夢に現れてくれて、
成仏したよ(目がかくれるほど白髪の伸びた仙人のようなシェルティの姿で)、
とか、
生まれ変わったよ(知らない人の側にいる知らないシェルティなのに、あ、あのコだ!って思えた)、
というメッセージを送ってくれた(と、思っている)。



さぁて、
明日も文鳥と遊ぼ!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
Translation(自動翻訳)
最近の記事
リンク
プロフィール

くらた きょうこ

Author:くらた きょうこ
『14階の縁側日記 - ぶろぐ版』へようこそ!
私は町の調律屋です。
ピアノの調子はいかがですか?
調律のお問い合わせは、
カテゴリー
『調律のお問い合わせはこちらです』
を、ご覧ください。

ただいま14階のベランダでバラを育てています。
ほか、脈絡のない記事が並びますが、ごゆるりと。

「プロフェッショナル:自分のやりたいことをやるのではなく、相手の期待にこたえるもの」(by 三谷幸喜)

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。