スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無精卵...どうしよう

1111卵
うちは文鳥1羽飼い。
女の子。
環境は良いらしく、今年はこれで2個の無精卵を産んでます。
ティッシュの上で見るとうっすらピンク。
人の指先ほどの大きさです。
以前ひとつだけ産んだときは、
そのまましばらく飾ってみて、捨てたんでした。
それが昨日、「エッグアートにしたら?」というご意見をいただいて...

http://www.cafeblo.com/editingmylife/entry-d61078081a6924583c95bcd9e4d422fc.html

こちらを見て、やる気が出て来ました。
さしあたりの問題は、
この小さい卵に針の先ほどの穴をあけ、中身を抜くこと。

なんだか持っている1.0mmのドリルの刃。。。
まだ行動に移っていません。
だって、やっぱり、割れちゃいそう~。

風船に針を刺す裏技(?)のように、
卵にメンディングテープを貼って、
その上からちぃこちぃこ穴明け作業をする、とか。

目出度く穴が空いたら、どうやって中身を抜こう?

色付け、模様付けはネイルアートが参考になるかな。
ヒモやワイヤー付けはビーズ細工系が役に立ちそうです。

。。。。。。

実際にやったらご報告申し上げます。
スポンサーサイト

テーマ : 小鳥大好き
ジャンル : ペット

コメント

§

あららぁ~エッグアートにするんですかぁ~?
わたしは『ごめんなさい』して、プランターの土に埋めました。

しかし卵の中身ってどうやって取り出すんでしょうねぇ~?懐石料理で黄身と白身が逆になっている茹で卵を見たことがあるんですが、あれもいったん中身を出して作っていたような、、、気、が、したなぁ~。何だか難しいそぉ~ですね!

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
Translation(自動翻訳)
最近の記事
リンク
プロフィール

くらた きょうこ

Author:くらた きょうこ
『14階の縁側日記 - ぶろぐ版』へようこそ!
私は町の調律屋です。
ピアノの調子はいかがですか?
調律のお問い合わせは、
カテゴリー
『調律のお問い合わせはこちらです』
を、ご覧ください。

ただいま14階のベランダでバラを育てています。
ほか、脈絡のない記事が並びますが、ごゆるりと。

「プロフェッショナル:自分のやりたいことをやるのではなく、相手の期待にこたえるもの」(by 三谷幸喜)

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。