スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台所に香菜

香菜、と書いてシャンツァイ、と読んでますが。
タイ料理で覚えたハーブです。

香菜


ベルギーのホームステイ先のキッチンの匂いが、
わたしの台所の匂いイメージになっているのです。

それが、てっきりタイムだと思っていたのですよ。
でも、こうして香菜を置いておくと、
まざまざとベルギーでの生活を思い出します。

買って来た香菜の根をちょっと切って水揚げし、
毎朝、水を取り替え、使う分だけ切っては使い...。

こうすると、切り口から香菜の匂いが立ちこめます。

(シャンツァイ=コリアンダー、でもあるんですよね。)
スポンサーサイト

コメント

§ コップに入れて

香菜の香りはクセが強くて万人向きでないと聞いたことがありますが、まだ試したことはありません。ひょっとしたら、気づかずに中国料理などで経験済みかもしれませんが^^
思い出を運んできてくれるハーブとは、うれしいですね。

しその葉つきの枝をグラスの水に入れておくと発根して長く使えます。
種がこぼれるのか毎年畑の隅でひとり生えするので重宝します。

§ こぼれ種

雀さん、毎度コメントをありがとうございます。(^-^)

こぼれ種で増えてくれるなんて、庭ならでは!
薬味になる植物があるっていいですね。

香菜:シャンツァイ:パクチー:コリアンダー。
クセ者なだけに、癖になりますよ! (^o^)

§

コリアンダーは確かに癖があります。
こちらに、料理専門のチャンネルがあって、よくアメリカの料理人の番組がありますが、よく、コリアンダーを使っています。
それで私も買ってみたのですが、ちょっと癖がありすぎて、あまり好きになれません
でした。

雀さんのおっしゃっている、しその葉つきの枝を水に入れておくと発根すると言うのはいいですね。

日本人は皆しそを栽培したいみたいで、日本から苗だか、種を持ってくるのだけれど、香りが全然なくなってしまうそうなんです。

私は試してもいないのですが、しそがあったらな、と思う事しばしば。

今度母の所のしそを根付で持ってきて植えてみようかな。

§ パクチーのお粥

白粥をたきまして、パクチーの葉っぱを申し訳程度の1、2枚飾り、
ナンプラー(タイの魚醤)をたらす。

わたしのパクチー体験はじめ。(^-^)

おそるおそる、でしたね。

最近では、皮をかりかりに焼いた鳥もも肉のソテーを、
ナンプラー、お水ちょっと、レモン汁、ショウガみじん切り、にんにくみじん切り、それにパクチーのちぎったものを混ぜたタレに付けたりして食べてます。
即席アジア料理が楽しめます。

こんな具合で、シャンツァイ(パクチー)、
と言ったらアジア料理のイメージでした。

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
Translation(自動翻訳)
最近の記事
リンク
プロフィール

くらた きょうこ

Author:くらた きょうこ
『14階の縁側日記 - ぶろぐ版』へようこそ!
私は町の調律屋です。
ピアノの調子はいかがですか?
調律のお問い合わせは、
カテゴリー
『調律のお問い合わせはこちらです』
を、ご覧ください。

ただいま14階のベランダでバラを育てています。
ほか、脈絡のない記事が並びますが、ごゆるりと。

「プロフェッショナル:自分のやりたいことをやるのではなく、相手の期待にこたえるもの」(by 三谷幸喜)

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。