スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消しゴム

1008消しゴム
楽譜に書き込みをしますが、
譜面台に置いた楽譜に すっ と書けるよう2Bなどの柔らかい芯の鉛筆を使います。

オーケストラの練習中、注意事項、弓順の変更...と、
消しては書き、を繰り返すことも多々あります。

しかし、濃い芯でちゃんと書き込んだものって、消えにくくありませんか?

久しぶりに買った文房具は、
「色鉛筆、軟らかい鉛筆用」消しゴム。
写真は半分にカットしてしまったので本当は倍の長さがあります。

で、比較。

群青色の色鉛筆は、まぁ、色が薄くできたかな。
Bの鉛筆では、鉛筆のおしりの消しゴムに比べてよく消えました。

*シード株式会社 プラスチック消しゴム CP-10  (105円)
スポンサーサイト

テーマ : バイオリン
ジャンル : 音楽

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
Translation(自動翻訳)
最近の記事
リンク
プロフィール

くらた きょうこ

Author:くらた きょうこ
『14階の縁側日記 - ぶろぐ版』へようこそ!
私は町の調律屋です。
ピアノの調子はいかがですか?
調律のお問い合わせは、
カテゴリー
『調律のお問い合わせはこちらです』
を、ご覧ください。

ただいま14階のベランダでバラを育てています。
ほか、脈絡のない記事が並びますが、ごゆるりと。

「プロフェッショナル:自分のやりたいことをやるのではなく、相手の期待にこたえるもの」(by 三谷幸喜)

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。