スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花びら染め

0619花びら染め 0617花びら染め
去年から温めていた「おうちイベント/花びら染め」を実行(!?)出来ました。

ベランダで咲いてくれるバラの花を、
生けて楽しむでも、
無農薬で育ててジャムにするでも、
バラ風呂にするでもなく、
ひたすら、咲いてくれるのを楽しんでおるわけです。

しかし、咲き終わったと言って枯れた花を捨てるとき、
ちくっと心にひっかかるものが。。。
いえ、罪悪感とかじゃぁないですよ。(^v^)
もうちょっと何かに使えないものか、ってことです。

それであの頃興味のあった「藍染め」から派生して見つけたのが、
季節を楽しむキッチン染色―身近な花びら、ハーブ、実、野菜でナチュラル38カラー季節を楽しむキッチン染色―身近な花びら、ハーブ、実、野菜でナチュラル38カラー
(2002/05)
箕輪 直子

商品詳細を見る


台所にあるもので、大掛かりにならずに、バラの花びらを有効活用できる!!

しかし手持ちのバラに、
肝心の色素アントシアニンを多く含んだバラが少なかった (T_T)

とりあえず咲いた真っ赤っかな花びらを冷凍保存。
それと、アントシアニンの多そうなバラを新規にお迎え...本末転倒
今年の5月のバラシーズンに念願の赤いバラ達が咲いてくれたので、
鑑賞した後は花びらをとっておきました。

< バラの花びら染め >

染めるもの 1 > 綿のハンカチ(赤ワインのシミがついちゃって...)
染めるもの 2 > 多分化繊の半襟(長襦袢についていたもの、漂白しきれず...)
(染めに適した素材は本などを見たほうがgoodです。上記は私の独断。)

バラ > 指で潰して赤い汁の出るバラの花びら
酢 > 250cc
お水 > 750cc

用具は、うちにある中で一番大きいステンレスのボウル、ゴミ受け用ネット、輪ゴム、ゴム手袋。

これくらい。

方法はこちらの「花いっぱい.com:分野別講座」にほぼ出てますね。

半襟は一晩液に浸けて陰干しした状態。
いきなりピンクに!!
ハンカチはいったん干して、もう一度浸けたので「二晩漬け」。
あまり濃くはならなかったかな。
真っ白のよくある刺繍ハンカチですから、だいぶ染まったとは思いますが。
アンティーク調になりましたかね? (^-^)

さてさて、この花びら染めだと、汗に弱い、直射日光に弱い...。
半襟なんて、使えるのでしょうか? (^v^;
ま、使ってみます。
スポンサーサイト

テーマ : バラが好き!
ジャンル : 趣味・実用

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
Translation(自動翻訳)
最近の記事
リンク
プロフィール

くらた きょうこ

Author:くらた きょうこ
『14階の縁側日記 - ぶろぐ版』へようこそ!
私は町の調律屋です。
ピアノの調子はいかがですか?
調律のお問い合わせは、
カテゴリー
『調律のお問い合わせはこちらです』
を、ご覧ください。

ただいま14階のベランダでバラを育てています。
ほか、脈絡のない記事が並びますが、ごゆるりと。

「プロフェッショナル:自分のやりたいことをやるのではなく、相手の期待にこたえるもの」(by 三谷幸喜)

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。