スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嗚呼、お前だったのかぁ

こちら、『カメムシ図鑑 -カメムシ亜目-』

こちら、畑の大事な黒豆の枝葉でくつろぐ
0903カメムシ と 0903別カメムシ
ホソヘリカメムシ と マルカメムシ

確かに、「枝豆を好む害虫カメムシ除けのために寒冷紗トンネルを」と読みました。
遅くてもやらないよりは効果があるかと思いやりました。
この日の日記にも書いているとおり、
「(実際カメムシには遭遇しておりません。)」
はい、自分では自分の思い描けるカメムシには(!?)出会っておりません。今も。

カメムシと言ったら、ウミガメの甲羅のような形をしてるでしょう?

このトンネル掛けをしたとき、虫取り網のように寒冷紗の中につかまった昆虫がいました。
「あ~あ、閉じ込められちゃったかな?」
それはモビルスーツを着たアリのようでもあり、
ボディビルダーのようなハチにも見えました。

その後も枝豆の畝にはいつもこいつらが。

ま、まさか!!
これが「カメムシ」だなんて、私に分かろうはずもなく!!!!

悔しい~~~~~~~~~~~~!

寒冷紗に閉じ込められたフリをして、その実、
「え! この枝豆、独り占めしていいんですかぁ! にんまり。」
と言ってたのかと思うと、悔しさ倍増~~~~~~!!

そして今朝起きがけに はた と気が付き血の気が引いて行きました(オーバーな!)。

「この前、もう駄目だと引っこ抜いた枝豆。きれいさっぱり無くなって、あとは頼みの綱の黒豆が元気に育っている ... 居場所のなくなった害虫はどこへ? ... 次ぎなる餌場へ ... そ、それは ... 黒豆が危ない~!」
というわけで急きょ畑へ直行。

朝から強い日差しがありました。
でも、ここは手を抜くわけにいきません。
まず、黒豆の株をくまなくチェック。
案の定、写真の彼らが見つかりました。
がっくり。
それを、枝をゆすったりして飛ばし、大汗かきながら寒冷紗をかけてきましたよ。
それがこれ。
0903黒豆寒冷紗
実は種まきした3種類の豆の中で、この黒豆が一番背丈が高く、
180cm幅ではトンネルにならず、巾着トンネル。(^v^?

だんなさま、ご協力感謝です。
スポンサーサイト

テーマ : 野菜づくり
ジャンル : 趣味・実用

コメント

§

ん~、いつの世も、農場主の
自然との闘いの
苦労は絶えませんね。
おつかれでした。

§

たいていは負けなんですね。(^v^)

§

カメムシって、くっちゃい虫なんですよぉ~!
パクチーが苦手なわたくしは、カメムシ食べてるような気がしてだめ、だめ、だぁ~め!

§

カトリ~ヌさん、こんばんは。

え~!? パクチーに似ているのぉ?
ショック~!

でも、カメムシもつぶさなければ臭わん...でしょ?

§

ふふふっ・・・あまいです。
奴が部屋に居たら、ドア開けた瞬間わたくしはわかります。つぶしたらぁ~あ~た(笑)気絶します、はい!

§

え~!!
私、鈍感過ぎますかね?
外だったからかなぁ???

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
Translation(自動翻訳)
最近の記事
リンク
プロフィール

くらた きょうこ

Author:くらた きょうこ
『14階の縁側日記 - ぶろぐ版』へようこそ!
私は町の調律屋です。
ピアノの調子はいかがですか?
調律のお問い合わせは、
カテゴリー
『調律のお問い合わせはこちらです』
を、ご覧ください。

ただいま14階のベランダでバラを育てています。
ほか、脈絡のない記事が並びますが、ごゆるりと。

「プロフェッショナル:自分のやりたいことをやるのではなく、相手の期待にこたえるもの」(by 三谷幸喜)

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。