スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベランダでどう仕立てる?

0629アンジェラ
つるバラ/アンジェラ。
ベランダでどう仕立てて行くか、それが問題だ...。



園芸を趣味と自覚するもしないも、まさか自分がこんなことに没頭するなんて...。
半分、いや7割方お手上げ状態だったアンジェラの手入れをしました。
何がお手上げって...。

数日前だんなさんに手伝ってもらい大きい鉢に植替えたアンジェラ。
翌日、彼曰く、
「もう元気そうになったよ!」
「うん、そ~だね~。」
でもそれは新芽の成長した色なだけ。
その新芽には同じ若葉色のアブラムシ~ (~_~) 、
春の開花枝の葉っぱはハダニ城と化している~ (@@) 。
で、春の花後、ちょっと見ないフリをしていた。。。('_')

これを何とかしたい!
これが元気そうに見えるだんなさんに、本当に元気なアンジェラにしておいてあげたい。
このバラだけは、バラ園でだんなさんがOKを出したバラだから。

しかし、つるが旺盛に伸びるのは良いのだけど、
ベランダでどう仕立てていったら良いものか、ま~ったくイメージが湧かない。
イメージが湧かないものだから、
とりあえず朝顔の支柱で行灯仕立てのようになっている。

困った。

まずは、すっきり綺麗な株になるよう手入れをしよう。
そうすれば何かイメージが湧くかもしれない。

水スプレーで洗い流す前に傷んだ葉や不要な芽(今回は行灯の中を向いている芽)を取り払い風通しを良くしました。
すると、株のド真ん中にすっくと今年の新芽:シュートがもう30cm以上伸びています。



このシュートは真っ直ぐ育ててみよう!
ということで、在庫の90cm長さの竹を支柱にさし、紐で結わえました。

今日のスプレーの中身は、アグリチンキ36の500倍液
右手にスプレー、左手にはゴム手袋。
注)アグリチンキは素手で大丈夫なのですが、アブラムシやハダニを手で受けるにはあまりにも...いや、水が掛かりっ放しでふやけるし...(^v^) 。
さぁて、ハダニ城一掃作戦スタート!

葉を引っくり返して裏を出しスプレーを近付けてPush !
ジャーーーーー!(ハダニ城が流されていく音...)
Push !
ジャーーーーー!

延々、全ての葉っぱを掃除。。。
没頭するにも暇過ぎる手入れであった。。。

しかし、努力の甲斐あり。(^v^)
すっきり綺麗な株になりましたわ!
うん、元気そう。

そうだ、アンジェラの仕立て方。
ベランダで頭上に虫を飼うこともなくケアできて、
つるを生かす仕立て方。
スタンダード仕立てのように出来たらいいなぁ。(^-^)
株元から1mくらいはまっすぐな支柱に沿わせ、
上だけくるくる傘のように、或いは懸崖仕立て...(?) のように誘引するのです。
そのためにも、この真ん中のシュートは大事に育てよう!

無理かなぁ。。。
スポンサーサイト

テーマ : バラが好き!
ジャンル : 趣味・実用

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
Translation(自動翻訳)
最近の記事
リンク
プロフィール

くらた きょうこ

Author:くらた きょうこ
『14階の縁側日記 - ぶろぐ版』へようこそ!
私は町の調律屋です。
ピアノの調子はいかがですか?
調律のお問い合わせは、
カテゴリー
『調律のお問い合わせはこちらです』
を、ご覧ください。

ただいま14階のベランダでバラを育てています。
ほか、脈絡のない記事が並びますが、ごゆるりと。

「プロフェッショナル:自分のやりたいことをやるのではなく、相手の期待にこたえるもの」(by 三谷幸喜)

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。