スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ル・ピュイ旅行記のページ作りました

48K
URLはこちら。
http://www005.upp.so-net.ne.jp/KsTuningStudio/KTS2/lepuy.html

フランス、オーベルニュ地方、オート・ロワール県、
ル・ピュイ・アン・ヴレ市。
これで正しいかな? (^v^)
世界遺産の街です。
そして、こちらも世界遺産、
スペインのサンチャゴ・デ・コンポステラを目指す巡礼路の
スタート地点のひとつです。

「カラスの嘴岩」に立つ聖母マリア像。
「針岩」の上には素朴な古い教会。
周囲は小高い円錐状の火山群が絵本のような景観を見せる、
フランス中央山地です。

ちょうど季節は夏から秋へ。
ディOOーOOド程の広さの街中では
中世祭り『鳥の王』が開かれ、
市民も観光客も中世にタイムスリップです。

そして、巡礼の道を含むのべ20Kmのハイキング!
出会う人みんなと挨拶を交わし、立ち話。
ほんの少しづつその人たちの人生とクロスした、
充実の1週間でした。

写真のスライドショーは続々更新の予定です。
650枚...どうしてくれよう...?
スポンサーサイト

テーマ : フランス
ジャンル : 旅行

コメント

§ アルバム・アップ

中世祭り『鳥の王』での行進の様子と時代衣装の人々のアルバムをアップしました。

§ 絵の風景

この表紙画像すばらしいv-218

風景の中に女性が溶け込んでいるv-272
こういうのを絵にしてみたいですねv-238

§

雀さん、いつもコメントをありがとうございます。
なんだか照れます。
ワンピースでもさらっとなびかせてたら、もっと良かったかも...オイ!

§

こんにちは、kitamuraと申します。
羊の解説がお役に立てたようで、嬉しいです。

ル・ピュイの美しい写真をたくさん見せていただき、ありがとうございます。
最近黒マリアに惹かれ、あの不思議な岩ル・ピュイにもあるマリアにも会いたいと思っていました。
今年の6月のフランス・アルプスの途中で立ち寄ろうかとも思っていたのですが
・・ルートの関係で・・代わりにスイス:アインジーデルンの黒マリアの方に。

時代祭りの光景は素晴らしいですね。
チェコのチェスキークルムロフでも類した祭りを見ましたが・・
写真に登場する方たちの表情も良く、
是非その祭りの時期に行きたいと思っています。

§ リンクでお世話になります

kitamura様。
羊とヤギ、とても助かるページです!(^o^)
リンクさせてくださり、ありがとうございます。

拝見しましたがkitamura夫妻の目標もあと少しですよね?素晴らしいです。
ル・ピュイの黒マリアの祭りは毎年8月15日のようで、私が見た祭りよりもっともっと人も集まって盛大なようです。
もし行かれることがありましたら、こちらも良さそうですよ。
また、拝見しに伺います。(^O^)

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
Translation(自動翻訳)
最近の記事
リンク
プロフィール

くらた きょうこ

Author:くらた きょうこ
『14階の縁側日記 - ぶろぐ版』へようこそ!
私は町の調律屋です。
ピアノの調子はいかがですか?
調律のお問い合わせは、
カテゴリー
『調律のお問い合わせはこちらです』
を、ご覧ください。

ただいま14階のベランダでバラを育てています。
ほか、脈絡のない記事が並びますが、ごゆるりと。

「プロフェッショナル:自分のやりたいことをやるのではなく、相手の期待にこたえるもの」(by 三谷幸喜)

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。