スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

池の平湿原/70過ぎて

池の平二人連れ
2か所あるコマクサ園も見、
湿原の外周路を半分クリアし木道のある湿地へ降りる所で、
ご主人に手をひかれて息をはずませながら登ってみえたご婦人。

「コマクサはもうすぐですか?」

「えぇ、もうすぐそこですよ。」

に、始まり、なぜか彼女の独演会に...(^-^)。

ご主人はまだ現役仕事人。
自分は旅行が好きで、いつもは息子に連れて行ってもらう。
海外旅行が好き。70過ぎなんですよ。
クララ・シューマンがだ~い好きでね。
(と、クララ賛美をひと行講演!)
コマクサは白根でも見たのだけど、
ここのはあそこのよりうすい色なんですか、云々。

こちらにもおしゃべり好きメンバーがおりまして、
その間に彼女のご主人様も私もカメラ構えてしばし撮影タイム。(^o~)

「コマクサを見たあとは、その先へ行ったほうが良いでしょうかねぇ?」

ふと見るとウォーキングシューズ程度の履物のおふたり。
お二人が歩いて来たのはチップ鋪装したゆるやかな歩道と木道。
それと今の直前にちょっと山道。

「ちょっと険しい歩道だったので、戻られたほうが良さそうですよ。」

「そうですか。じゃぁ、そうすることにして、
とりあえずもう少し頑張って行って来ましょう。」

息の整った奥様の手を取って、
おふたりはピンクのコマクサに迎えてもらうべく
登って行かれました。

なんだか大事にされてる奥様を垣間見せてもらった感じ。
振り向いて1枚撮ってしまった。 (^v^)
スポンサーサイト

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
Translation(自動翻訳)
最近の記事
リンク
プロフィール

くらた きょうこ

Author:くらた きょうこ
『14階の縁側日記 - ぶろぐ版』へようこそ!
私は町の調律屋です。
ピアノの調子はいかがですか?
調律のお問い合わせは、
カテゴリー
『調律のお問い合わせはこちらです』
を、ご覧ください。

ただいま14階のベランダでバラを育てています。
ほか、脈絡のない記事が並びますが、ごゆるりと。

「プロフェッショナル:自分のやりたいことをやるのではなく、相手の期待にこたえるもの」(by 三谷幸喜)

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。