スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステルンベルギアの春

昨年夏の終わりにサフランと一緒に植えたステルンベルギア。 そう、秋植え球根のつもりで植えたら、 翌月にはちらっと花を見せてそれっきり。 あとは葉っぱだけが立派に育っている。 上のリンク先さんを参考にすると、 *5年程度はそのまま栽培。 *植え替え分球は休眠中の7月が適期。余り遅いと秋の花が咲きません。 *休眠する夏には水やりを減らして乾燥気味に養生。 私が植えた時期が遅かったのかもしれない。 *夏植え球根として売られますので、8月中には植え付けを終わらせないと、 花芽が枯死することも良く見られます。 ですって。(^v^; サフランの葉が枯れて切ったので、 いっしょに切り落としてしまったが...、 それが吉と出るか凶と出るかは分からなかった。 *栽培は容易とされますが、以外と花をサボる球根でもあります(笑) ともあります。(^o^)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
Translation(自動翻訳)
最近の記事
リンク
プロフィール

くらた きょうこ

Author:くらた きょうこ
『14階の縁側日記 - ぶろぐ版』へようこそ!
私は町の調律屋です。
ピアノの調子はいかがですか?
調律のお問い合わせは、
カテゴリー
『調律のお問い合わせはこちらです』
を、ご覧ください。

ただいま14階のベランダでバラを育てています。
ほか、脈絡のない記事が並びますが、ごゆるりと。

「プロフェッショナル:自分のやりたいことをやるのではなく、相手の期待にこたえるもの」(by 三谷幸喜)

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。