スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上越(新潟)〜郡上八幡(岐阜) ドライブ 初日/3日

2013/8/12(月) 〜 8/14(水)
宿1泊、徹夜おどり1泊、合わせて2泊3日のドライブ旅行です。

*その初日*

初日の予定は、上越から寄り道をしながら、郡上八幡へ。
夕方前に おどり講習会 2つを予約しているので、それを受講する。
夜の郡上おどりで、本場デビューを果たす、です。



<上越高田IC 〜 親不知IC(北陸道)>
この間は、親戚の家やお墓参りの寄り道。

<親不知IC 〜 郡上八幡IC(北陸道〜東海北陸道)>
9:30 親不知を出発。
11:00 城端SAで30分休憩。
0812どぶろく最中アイス
いた粕が入って、ほのかに酒っぽくて、美味しかった。(^-^)

本当はここで給油したかったのに...この看板です。
0812城端SA
78Km。ははは、残りの走行可能距離とほぼ一緒。(^v^;;;
とりあえず ひるがの高原SA を目指し車を出します。

ひるがの高原SA は、というと、お昼間近のため入口で渋滞。
人ごみをなるべく避けたい私は、
並ぶ車の脇を抜けてガソリンスタンドへ直行。
無事、満タン!
休憩なしで本線に戻りました。
(この後、600Km以上給油なしで東京まで帰る事が出来ました。)

目的地、郡上八幡はもうすぐですが、
朝持って出た海苔巻き、おいなりさんを車中でゆっくり食べようと
出口手前の ぎふ大和PA へ。
車も停め放題で、ストレスなくのんびり休憩できました。

<郡上八幡 初日>
駐車場を探し市内の生活道路を行き交う観光の車と観光客に神経を使いつつ、
ラッキーにもまさに出庫しようとする車の見えた 栄パーキング に
13:00 入庫。

このパーキングは郡上八幡の真ん中を流れる吉田川に面していました。
車を降りるともう目の前に鮎釣りの釣り人、
カラフルな川遊びをする人たちの浮き輪が目に飛び込んで来ます。
これぞ 夏休み! (~o^)
0812吉田川

川沿いを歩いて「郡上八幡旧庁舎記念館」へGo!
郡上おどり講習会 の申し込みを済ませ、時間まで観光することに。

徒歩にて、郡上八幡城を目指す。
0812郡上八幡城

お城から城下町を眺める。
0812城下町

ふと気がつけばおどり講習会の時間が迫って...慌てて山を下りました。

16:00 講習会。曲目は『春駒』と『さわぎ』
17:00 講習会。曲目は『三百』と『猫の子』
0812旧庁舎2階 0812修了証

今夜の宿は、長良川鉄道 郡上八幡駅そばの「旅館 東屋」さん。
電話で予約済みです。

18:00 宿にチェックイン。夕飯はコンビニ弁当、ビール1缶持込み。
ちょっと疲れが出て、
「あ〜、今日の郡上おどりはどうしようかなぁ。」などと甘えたことを考えていたら、
女将が床の用意をしに来て、
「講習会も受けて、もったいないから服のまま行ったらいいですよ。
車で近くまで送りますから。」と。

1Kmくらい離れているだけなので、歩いて行くつもりではいたのですが、
女将、曰く、
「(吉田)川のこっちを南町、向こうを北町と言って、北町のほうは遠いという感覚。」
なんだそうです。(^-^)

この日の郡上おどりの会場は北町にある『城下町プラザ』です。
0812郡上おどり 0812郡上おどりの像

下駄だけ履いて、服のまま、おどりの輪に入り、
初めての本場でのおどりに参加することができました。やった!

この日は、徹夜おどりの前日にあたり、おどりは 21:30 終了。
そこから、下駄でからから30分かけて宿へ戻り、
お風呂を貸し切り状態で使わせてもらい、就寝。
ぐったり、ぐっすり。よく眠れました。

(つづく)
スポンサーサイト

テーマ : 旅行、旅、ドライブ
ジャンル : 旅行

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
Translation(自動翻訳)
最近の記事
リンク
プロフィール

くらた きょうこ

Author:くらた きょうこ
『14階の縁側日記 - ぶろぐ版』へようこそ!
私は町の調律屋です。
ピアノの調子はいかがですか?
調律のお問い合わせは、
カテゴリー
『調律のお問い合わせはこちらです』
を、ご覧ください。

ただいま14階のベランダでバラを育てています。
ほか、脈絡のない記事が並びますが、ごゆるりと。

「プロフェッショナル:自分のやりたいことをやるのではなく、相手の期待にこたえるもの」(by 三谷幸喜)

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。