スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥の通院記録

文鳥は、この冬、2度目の病院行きでした。

わたしがどうしても連れて行けず、
だんなさんが頑張って連れて行ってくれました。
ありがとう。

卵管の炎症だそうで、はなちんは初めて注射を打ってもらったそうです。
うっ。
0223はな投薬

それと、朝晩は写真のように投薬です。
これもだんなさんが上手い鳥の保定方法を教わって来てくれました。

8年目に入っているのですから、
十分老鳥の域に達してますね。
大事にして、ちょっとでも長く一緒にいたいものです。

いやぁ、土曜の朝から焦りましたが、
いつものバードクリニックさんが休診でなくて
本当に助かりました。
スポンサーサイト

コメント

§

はなちゃん 心配ですね。
専門の先生がいて良かったです。

まだ寒い日が多いので小さい身体には負荷がたくさん
かかっているのでしょうね。

お大事にm(_ _)m

§ Re: タイトルなし

どんぐりの母さん、いつもコメントをありがとうございます。

本当に小さい体です。
小さいけれど、回復力もたいしたもので、
日に日に状態が良くなるのを見れて、ひと安心しています。

その代わり、具合が悪くなる時も見逃せないってことですね。

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
Translation(自動翻訳)
最近の記事
リンク
プロフィール

くらた きょうこ

Author:くらた きょうこ
『14階の縁側日記 - ぶろぐ版』へようこそ!
私は町の調律屋です。
ピアノの調子はいかがですか?
調律のお問い合わせは、
カテゴリー
『調律のお問い合わせはこちらです』
を、ご覧ください。

ただいま14階のベランダでバラを育てています。
ほか、脈絡のない記事が並びますが、ごゆるりと。

「プロフェッショナル:自分のやりたいことをやるのではなく、相手の期待にこたえるもの」(by 三谷幸喜)

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。