スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恩師は王様だった、かも

昨日は半日かけて卒業後35年目のクラス会。
恩師に再会でき、喜びもひとしお。

0915禰覇先生と

その先生、
「先生のお名前は、いかにも沖縄に縁があると思うのですが。」
「うん、守礼門(首里城)はぼくんちの門だから。」

... ? え、え”、え〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!

30数年ぶりのクラス会飲み会の席で発覚!?
我が敬愛する恩師は、
どうやら琉球王家の血筋をひいていらっしゃるらしいのです。

「(おそるおそる)尚寧王とかの流れということですか?」
(NHK大河ドラマで覚えた名前)

「『向』を『しょう』と読んで、次男以下が。
長男(王子)が『尚(しょう)』を名乗れるの。
尚質王というのがいてね、その血筋。」

「東京へ移って...父親の頃までは召使いが10人くらいいたらしいよ。」
「歴史研究家が父に話しを聞きたがったときがあったけど、
没落を見て来た父は何も話さず。」
「代々、男子の名前の一文字目は『朝』を付けるならわしでね。。。」

ぽつり、ぽつり、衝撃の事実が。
あの〜、一気にテンションUPしちゃって、
ちょっと酔ってたわたしには
「先生、王様だったんだ!」< 飛躍し過ぎ (>_<)
で決まりです。

凄いです。
そんな方に小学校6年の多感な子供たちは大影響を受けて大人になりました。

*廃藩置県で他の藩主と同様、最後の国王、第19代 尚泰王が東京へ、侯爵(華族)に。
歴代当主は貴族院議員、海軍大尉。
*昭和22年、華族制度廃止に伴い、一般人に。

何分酔いの席だったので、
果たして先生が「向(しょう)」の家系なのか「尚(しょう」の家系なのか、
そこがはっきりしておりませんが、
知る人が見ると大したお名前なのだそうです。
(ご本人の許可を頂いていないのでフルネームは書きません。)
周辺親族は結構沖縄本島にいるらしいので、
直系にかなり近いと思われます。

そんな先生は、小学校の校長を5年前に退職し、
スポーツクラブへ仕事と称して遊びに(本人談)行く毎日。
趣味の海釣りは月3、4回のペースで、
内房の黄アジ狙いだとか。
四季折々に咲く植物を実生で育て増やすのもご趣味だそう。
ほかには、
同級生が犠牲になられた山岳ベース事件のお話し。

少しだけ先生に追いついて(大人になって)伺うことの出来た貴重なお話しの数々。
待ちに待ったクラス会は
予想以上に心に残る一日となりました。

先生、今度はゆっくりお話しを伺いに行きます。
それまで、健康にお気をつけて、お元気でいらしてください。
スポンサーサイト

コメント

§

満喫されたようで良かったですねぇ!
王様ですか~なにやらスゴイ話
とっても盛り上がった雰囲気で楽しそう!

いい時間を持てて\(^o^)/
王様のお話はまた今度のお楽しみですね。

§ Re: タイトルなし

おかげさまで、大盛上りでした。
ここから新たに輪が広がるとおもしろいなぁ、なんて。^^

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
Translation(自動翻訳)
最近の記事
リンク
プロフィール

くらた きょうこ

Author:くらた きょうこ
『14階の縁側日記 - ぶろぐ版』へようこそ!
私は町の調律屋です。
ピアノの調子はいかがですか?
調律のお問い合わせは、
カテゴリー
『調律のお問い合わせはこちらです』
を、ご覧ください。

ただいま14階のベランダでバラを育てています。
ほか、脈絡のない記事が並びますが、ごゆるりと。

「プロフェッショナル:自分のやりたいことをやるのではなく、相手の期待にこたえるもの」(by 三谷幸喜)

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。