スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初締め帯

0307きもの

この着物、
地は地味目の紫色ですが、
織糸に赤、青、白の色が入っているので、
こんな組み合わせになりました。^^

帯だけだと
「むむ、このピンク、若過ぎ?」
と躊躇したのも確か。
でも、この組み合わせはOKでしょう。

この帯は、先日自分で端をかがってみたものの、
「え~、長さが足りない~!!」
と焦った帯です。
もうこうなったら速攻、なんでもいいのでかがってあれば、
の精神です。
ほどいて最低限のかがり縫いをしました。ははは。

前帯に博多献上らしい織り柄が少ないのです。
肝心の一筋は、帯を半分に折る同巻き部分ではごらんの通り、
下辺にちらっとのぞくのみ。
その分、帯締めをいろいろ替えて楽しめそうですね。^^
スポンサーサイト

コメント

§ ん~なかなかのものですね

粋な組み合わせで、
着物と帯が互いに引き立て合っていますね。
なんたって、モデルさんがいいからでしょうよ。

§ Re: ん~なかなかのものですね

以前から思っていることがあります。^^
昼寝ネコさん、ぜひお着物をお召しになって下さい。
きっときっと、お似合いです。^^

§ おっ、そうですか?

着物が似合いそうですか?
きっと、将棋を指し続けて5年は経ちましたので
少しは棋士の風格が出てきたか、
はたまた、素浪人の風貌に染まりつつあるか、
どっちかでしょうね。

§ Re: おっ、そうですか?

流しの将棋差し。^^

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
Translation(自動翻訳)
最近の記事
リンク
プロフィール

くらた きょうこ

Author:くらた きょうこ
『14階の縁側日記 - ぶろぐ版』へようこそ!
私は町の調律屋です。
ピアノの調子はいかがですか?
調律のお問い合わせは、
カテゴリー
『調律のお問い合わせはこちらです』
を、ご覧ください。

ただいま14階のベランダでバラを育てています。
ほか、脈絡のない記事が並びますが、ごゆるりと。

「プロフェッショナル:自分のやりたいことをやるのではなく、相手の期待にこたえるもの」(by 三谷幸喜)

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。