スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文鳥飼いの記録の1頁

7度目の冬を迎えているうちの文鳥。
秋も終わりの頃から、ちゃ~んと繁殖期に入っています。
つがい でなくても、です。
素晴らしい本能です。

数年前、冬の防寒にもなると思い
小鳥用の「つぼ巣」を入れたら、
ぽこぽこぽこ、と産卵。
そういえば、それはエッグアートにしたのでした。

しかし、産卵は体力を消耗させます。
カルシウム、取られます。
うちは無精卵です。

というわけで、つぼ巣は撤去。
撤去したのに、卵産みたくて仕方のない子なのです。

去年の冬、はじめて具合が悪そうに見える状態になり、
鳥の病院へ予約までしましたが、
予約の電話でアドヴァイスをもらった通り、
軟卵を産み落とし、回復しました。
その時の体重、31g。

そして、数日前、
手に乗る重さが、重い。(.v.)
計ってみると30g。
もしかしたら、また軟卵持ってるね、とだんなさんと話しておりました。

ら!
0114軟卵

昼間の水浴び後、何事もなかったかのようにカゴで産んでいました。
体重は28~29gに。

とにかく、冬場は保温第一!
餌、お水、青菜を欠かさず。
水浴びで娯楽を。
そして18:00には暗くして、オヤスミナサイ。
スポンサーサイト

テーマ : 小鳥大好き
ジャンル : ペット

コメント

§ No title

お花ちゃんも卵詰まりにはくれぐれも気をつけてあげてくださいね。うちの鳥ちゃんもカルシウム不足とやらで、お腹の中で卵がやわらかくなってしまい、大変でした。カルシウムのサプリをスプーンであげてましたのを思い出します。

そういえば、近くの遊歩道に鳥ちゃんの飼い主を探してます‥‥と写真付きの張り紙がありました。
年末にいきなりお家に飛び込んできたんですって!
うちにも、、、飛び込んでこないかなぁ~!

§ Re: No title

だんだん年をとって来てますので、心配です。

つぼ巣をつけない、それ以外どうやったら卵を産ませないで済むか分からなかったのですが、
お医者さんに行って説明を聞いて納得する事たくさん!

あとは、鳥の毎日の様子をきちんと観察して、
いつもと違うときに気がついてあげられるようにします。

カトリ~ヌさんのお店だったら飛び込んできそうですよ。^^

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
Translation(自動翻訳)
最近の記事
リンク
プロフィール

くらた きょうこ

Author:くらた きょうこ
『14階の縁側日記 - ぶろぐ版』へようこそ!
私は町の調律屋です。
ピアノの調子はいかがですか?
調律のお問い合わせは、
カテゴリー
『調律のお問い合わせはこちらです』
を、ご覧ください。

ただいま14階のベランダでバラを育てています。
ほか、脈絡のない記事が並びますが、ごゆるりと。

「プロフェッショナル:自分のやりたいことをやるのではなく、相手の期待にこたえるもの」(by 三谷幸喜)

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。