スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

畑のバラ

DSC_0674.jpg 今年の6、7月にベランダから仮住まいの畑へ移ったとき。

DSC_1140.jpg 秋になってすこぶる元気に伸びるヒトたち。

春のバラの開花シーズンが終ったところで畑へ移植したバラ達。
「ぎょえ~! ほんとはこんなに伸びたかったのねぇ!?」
という伸びようです。
カタログ通り200cm伸びたツル。
ほんと、元気です。
秋の花もしっかり咲いています。

ベランダ and 鉢植えではこんなにツルは伸びてくれません。
ツルのみならず、株もとから新しい枝:シュートも今まで体験したことがないくらい発生。
なので尚更この枝やツルを大事に来年に生かさんと思うわけです。

マンションは大規模修繕真っ最中!
1月には全て元通りになるので、
冬の植替え、剪定時期になったら畑から鉢上げしてベランダへ戻します。

今はひたすらのびのびしてもらっているのです。

そして、農園の一部なので殺虫剤を撒かずにいる関係上、
チュウレンジハバチの格好の餌食ともなっております。。。涙。。。
いや~、すごい数の幼虫ですよ!!
軽く1000匹以上でしょうね~。
幼虫の付いた葉枝を切っては1カ所にまとめて捨て置き、
トゲ付き枝なので野菜とは分けてまとめて処分をお願いすることに。
しかし、枯れる前に、
元気な幼虫は近くのバラにはい登っていくのでした。
雨の後に行って見て見れば、
幼虫のフンが雨を吸って体積が増し、すごいことに...。

ベランダでは悩まされたアブラムシ、ハダニ、コナジラミは全く寄り付かないのに、
チュウレンジハバチときたら!!!!
スポンサーサイト

コメント

§

いいですね、来春が楽しみ!

我が家のつるバラはお手上げです.カナブンの総攻撃にあって降参しました。
ほかの山野草の面倒がみられなくなります~
バラはやはりPuchaさんちのが頼りです^^

§ Re: タイトルなし

雀画伯さんのバラのアーチも楽しみでしたが...
カナブンの猛襲に? 御愁傷様です。(T_T)

§ 農民志望

もし我が家に畑がありせば
そこはバラの園ではなく
サツマイモとカボチャの
群生地になることでしょう。
お里が知れるとはこのことです。

§ Re: 農民志望

昼寝ネコさま
そりゃもう、お望みのままでごぜぇやす。^^

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
Translation(自動翻訳)
最近の記事
リンク
プロフィール

くらた きょうこ

Author:くらた きょうこ
『14階の縁側日記 - ぶろぐ版』へようこそ!
私は町の調律屋です。
ピアノの調子はいかがですか?
調律のお問い合わせは、
カテゴリー
『調律のお問い合わせはこちらです』
を、ご覧ください。

ただいま14階のベランダでバラを育てています。
ほか、脈絡のない記事が並びますが、ごゆるりと。

「プロフェッショナル:自分のやりたいことをやるのではなく、相手の期待にこたえるもの」(by 三谷幸喜)

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。