スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浴衣のおはしょりが長くて

毎日とは言いませんが、週に一度、浴衣を着ていると、
さすがに着付けの悩み and 解決方法が見えて来るものですね。

仕立て済みで入手した浴衣のおはしょりが長くて、
着るときにその処理に困ったこと、ありませんか?

「帯結びの前に、おはしょりをいい具合の丈までたくし上げてひもで押えておく。」
「帯の下へ入れ込む。」
なんていうのも例です。
でも、これだと私的には上身ごろのしわを取りにくく、帯も動いてしまうので合点がいきませんでした。
ひところは、長かろうが出来たおはしょりの丈をそのままに着付けていたこともあります。

でも、今回ちらっと調べてみて納得の方法を試してみたのです。
結果は、So nice! (^o^)
以下です。

1. いつもどおり腰紐を締める。
2. 腰紐の上側に、少し幅広のヒモ or 細めの伊達締めを締める。
3. おはしょりを下ろしてラインを揃える。

やってびっくり。
帯下にいい具合に体型補正のクッションができるし、
2.のヒモ類は布を押えるだけなので苦しくないし、
何より、着姿がぴん、しゃんと決まる。^^
帯も落ちて来ない。

これはクセになる自己流着付けのポイントです。

それから、もうひとつ!
長財布くらいのサイズに折り畳んだ手拭を、みぞおちの前にあててみました。
このおかげで、帯をぎゅ~っと締めても苦しくなく、
着物体型っぽくなりました。
帯の弛みもほとんどなく、落ち着いてました。^^
スポンサーサイト

コメント

§

あのぉ~
百聞は一見にしかず、
といいますよね。
着物を着ない私には
チンプンカンプンですが
なんとなく、分かったような
気がします。

§ Re: タイトルなし

昼寝ネコさん、はい、それで結構です。
なんちゃって。^^

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
Translation(自動翻訳)
最近の記事
リンク
プロフィール

くらた きょうこ

Author:くらた きょうこ
『14階の縁側日記 - ぶろぐ版』へようこそ!
私は町の調律屋です。
ピアノの調子はいかがですか?
調律のお問い合わせは、
カテゴリー
『調律のお問い合わせはこちらです』
を、ご覧ください。

ただいま14階のベランダでバラを育てています。
ほか、脈絡のない記事が並びますが、ごゆるりと。

「プロフェッショナル:自分のやりたいことをやるのではなく、相手の期待にこたえるもの」(by 三谷幸喜)

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。