スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年も味噌

いつもより遅いタイミングになりましたが、
今年も自家製のお味噌を仕込みました!

君津の方へ仕事に行ったついでに、
お気に入りの『JAきみつ味楽囲(みらい)おびつ店』
http://www.ja-kimitu.or.jp/safe_farm_products/direct_sale_market/mirai_obitu.html
で地元の大豆を買っておきまして、
今年は乾燥麹で済ませちゃおうか、
それとも生麹を昨年のお店『小林糀味噌店』
http://www.koba-kouji.com/
から取り寄せようか迷った末、生麹を購入。
(やっぱり旨味が多いような気がするので...)

今年の材料:
緑豆  1000g
生米麹 1500g
天日塩 650g

0219miso1.jpg

昨晩から水に浸しておいた大豆を、うちの圧力鍋に合わせて3回に分けて茹でます。
はじめは普通の蓋で沸騰するまで煮て、アク取り。
それから圧力鍋の蓋に替えて、低圧で30分。後、自然に減圧。
1回、約1時間計算です。

0219miso2.jpg

茹でる間に、米麹と塩を合わせて「塩麹」に。
今日は、だんなさんがお手伝い。^^
「いいにおいがするな。」とか言いながらもみもみしてくれました。
で、こんなにきれいに混ざるんです。
0219miso4.jpg

大豆が茹だったら、力の入りにくい薬指と親指でつぶしてみて、
大豆が ふにゃ~ っとつぶれるようならOK。
ポテトマッシャーで味噌状態に豆をつぶします。

0219miso5.jpg

つぶれた大豆と塩麹を徐々に混ぜ合わせて味噌の元を作ります。

一年寝かせるカメをアルコールで消毒します。
味噌の元をボール状にしてはカメの底に叩き付けるように詰め、
カビが生えないようカメの縁などについた味噌の元を拭き取り、
ラップと塩で表面を密封。
更に、カメの蓋+紙封をして一年寝かせます。^^

大豆を茹でる時間が現代的ではないのと、
大豆をつぶして塩麹を混ぜるちょっとした力仕事が、
「う~ん、今年も仕込んだぞぉ!」
という満足感を感じさせてくれます。

この後、ゴールデンウィークと夏にカビをチェックしながら、
味噌の「天地返し」をしてあげます。
スポンサーサイト

テーマ : **暮らしを楽しむ**
ジャンル : ライフ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
Translation(自動翻訳)
最近の記事
リンク
プロフィール

くらた きょうこ

Author:くらた きょうこ
『14階の縁側日記 - ぶろぐ版』へようこそ!
私は町の調律屋です。
ピアノの調子はいかがですか?
調律のお問い合わせは、
カテゴリー
『調律のお問い合わせはこちらです』
を、ご覧ください。

ただいま14階のベランダでバラを育てています。
ほか、脈絡のない記事が並びますが、ごゆるりと。

「プロフェッショナル:自分のやりたいことをやるのではなく、相手の期待にこたえるもの」(by 三谷幸喜)

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。