スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショパンコンクール2010終了

1022ショパンコンクール

ショパン200歳の記念Year。
今月はじめから行われていた5年に一度のコンクール、
3週間かけて終ったようですね。

昨日になって「あ、やってたんだ。」という始末で、
まったくお恥ずかしい限りですが、
The International Fryderyk Chopin Piano Competition
こちらで時間の許す限り動画で楽しみました。

今朝まだ起きる前に、入賞者たちの演奏会が終ったばかり。
選考途中の演奏はYoutubeにももう出ていますね。

で、写真は上のサイトさまからの拝借の1枚。
ピアノ・セレクションの様子でしょう。
一番左がYAMAHAかな? ? ?
違いますね。(^.^? これはFAZIOLIです。
一番奥がYAMAHA? HA? Hahaha...。

入賞者6人(1位、2位、2位、3位、4位、5位)の使用ピアノの内訳は、
YAMAHA、STEINWAY、FAZIOLIそれぞれ2台づつだったようです。
(入賞者コンサートではひとりFじゃなくてSを弾いてますよ)

同じピアノを、ショパンコンクールで入賞するような2人のピアニストで聴き比べる、
なんていうのが面白いですよ。
違う楽器に聞こえるあたり、
どのピアノもそれだけ表現出来る幅の広さがある、
これこそがフルコンサートピアノだ、
ということの証明ではないでしょうか?

Avdeevaさんが選んだ楽器は、
彼女の音楽を引出すのにうってつけだったと思います。

久しぶりにピアノ演奏を堪能しました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
Translation(自動翻訳)
最近の記事
リンク
プロフィール

くらた きょうこ

Author:くらた きょうこ
『14階の縁側日記 - ぶろぐ版』へようこそ!
私は町の調律屋です。
ピアノの調子はいかがですか?
調律のお問い合わせは、
カテゴリー
『調律のお問い合わせはこちらです』
を、ご覧ください。

ただいま14階のベランダでバラを育てています。
ほか、脈絡のない記事が並びますが、ごゆるりと。

「プロフェッショナル:自分のやりたいことをやるのではなく、相手の期待にこたえるもの」(by 三谷幸喜)

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。