スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての出会い2! (>_<)

<芋虫が苦手な人へ>
今日の日記を見たりクリックしたりしてはいけませんよ!

早朝仕事を終えいったん帰宅。
矢印の通りに駐車場に侵入。

10月の駐車場

3辻目を右折で駐車スペースへ...!?

なんか動いてます。
「カニの横歩き???」
指差しマークの人さし指の先あたりです。

とりあえず踏みたくないので、
脇を抜けて駐車完了。

見たら責任が発生するぞ...でも何だったのか確かめたい~。
見ればまだソレはうんしょこらと移動中。

近付いてみた。


いもむし

写真右方向へ歩いてます。
小さい頭、細い首を伸ばして移動。
体には、瑪瑙(めのう)のような目玉模様が2列。
極めつけは、お尻に突き出た角を前後にふりふりしながら歩くこと。

有に、たばこ1本分! 大きい! 

と、いつも他の車の出入りとはかちあわないのに、
今日に限ってすぐ横の車が戻ってきました。

これまた脇を抜けてもらい、
「踏みたくなくて、つい...すみません...。蛾、ですかね?」
とおじさんに話しかけたら
「アゲハだよ! 触るとかぶれるよ!」

アゲハ! 
それならベランダの箱畑で「蝶のふ化ショー」ができる!?
(アゲハの幼虫を知らんヒト)
と、芋虫誘拐計画が頭をよぎる...

でも、
どれだけ食べるか分かんないし、
そこまで面倒みれないな。

野鳥の雛を拾ったときも、
親鳥がきっと近くで見守っているし、
「誘拐」するよりはせめて近くの木の上に避難させるだけに、
という日本野鳥の会のおすすめに従ったのだ。
それを思い出し、次の侵入車両のないことを確認して、
「自然に任せよう!」
と、そのまま現場を後にしました。

しかし、気になるおじさんのひとこと。
「アゲハだったのかなぁ?」

で、ネット検索。

こんなトコや...
蝶の図鑑~

あんなトコをひととおり眺め...
YAMKEN明石の蛾達~

見つけました。

ベニスズメ !!

あ! クリックするなら覚悟してくださいね!

さらに明瞭な幼虫写真と、
これなら十分「ふ化ショー」やっても良かった、
っていうくらい奇麗な色の蛾です。
見たことありません。

おじさん!
いたいけなおばさんに、いい加減なこと言っては困ります!

いやぁそれにしても、
ここは今まで住んだどこよりも、ずっとずっとワイルドなのでした!
スポンサーサイト

コメント

§ あげはと共存?

v-27ベニスズメガ!ですって!

なるほど、そういえば色合いがなんとなく^^
でもあまり好きになれないなー^^

ところで、本物のあげはの芋虫は、私の家の庭に一杯いる。
これが、みかんの木を根城にして葉を食いつくすのです。
おかげでせっかく花から実になったみかんが、栄養不良で落ちてしまいます。
食欲が旺盛なのと かんきつ類の葉ばかりを狙うのです

殺すのもかわいそうで、木ばしでそっとつまんで集めては、裏山へ移転してもらいます。
ですが、無事に蝶まで成長しているかどうかわかりません。

蝶との共存は難しい?どうしたものでしょう^^v-14

§

覚悟するならクリックしてくださいね!
にひかれ、怖いもん見たさに思わずクリックしてみたら、
『ぎょえぇぇぇ~ひぃ~~~~~~~』

世の中でいちばんわたくしの苦手な生き物がぁ~・・・
がぁ~がぁ~!

全ての命ある生物にこよなく愛情を傾けるわたくしなのですが、
がぁ~はいけません。
あのぼよよんと身体にはびこる鱗粉が無性にきしょく悪いのであります。あぁ~ぶるぶる・・・

でも、まぁ~いいもの見せて頂きました。
因にわたくし似の変わり者の姪は、
アゲハの幼虫を部屋の中で孵化させましたよ。
ひぃ~らりひぃ~らりと飛んでたそうです。
『ひぃ~』でございます!
なせばなる、全ての生き物との共存・・・かしら?

§ 共存

雀さん、
共存ですかぁ、多勢に無勢...あ、違う?
気が付いたらお引っ越しいただく程度でしょうねぇ。
どうやら種類によって取り付く植物が決まっているようですしね。

共生、は、どだい無理でしょうし。(^v^)

tomo-Kさん。
わたし「ふ化」と書いてしまいましたねぇ。
「羽化」が正しいみたい。(^~^)
「孵化(ふか)」は卵からかえる、らしいです。
ごめんなさい。m(. .)m

ふふ、がぁ~、でした。
でもね、幼虫は長い毛むくじゃらとかじゃなかったし、
強いて言えばお尻の角がヘンだったという感じ。

いやぁ、車で轢かなくてよかったですよぉ!

草むらに到着するまで、カラスとかに襲われなかったことを祈る!

§ ベニスズメガ

素晴らしい幼虫ですね。
小学生の頃、2匹飼っていたことがあります。エサが足りなかったせいか、羽化させられなかったのが残念ですが。
オオスカシバも同様ですが、スズメガの仲間の幼虫は大きくて立派ですね。
コンクリートの上を這っていたということは、エサがなくなって探し求めていたのかもしれません。いずれにせよ非常事態でしょう。

こんな立派なのではありませんが、2週間前、チャドクガで裏の椿の植え込みが丸坊主になりました。椿が葉の代わりに毛皮をまとったようでした。葉がなくなったので這い出した毛虫が家の中に入ってくるというので、業者が殺虫剤を撒いてしまいましたが、生き残った群れもおりました(私が熱湯ですべて退治しましたが)。

§ 毛の生えた木

角鹿さんの裏庭に珍しい木が!? (^-^)

やはり芋虫けむしの食欲は想像をはるかに越えるものがあります。
連れてこなくて良かった。

§ 見ないつもりが・・

毛虫の類が大の苦手なので、画像は見るつもりなかったんですが、
コメントをクリックしたらどうしたことか、目の前に例の写真が・・・!!泣
クリックし損ねたのかしら。
子供の頃、昆虫図鑑を眺めていて、パタンと図鑑を閉じたら
背表紙が特大の毛虫画像!
キャーーーーーーーー!
と叫んで図鑑を放り投げた過去アリ。
心臓に悪かったです。v-40

開発の進む豊洲地区なのに、毎日とってもワイルドですね。

§ 泣いちゃった?

mfさん、
それは恐いもの見たさってヤツでしょう?

それにしても
この芋虫に出会ってから
毎日 蛾 のこと考えてるけど、
人の指ほどもある子供からそれより小さい大人にはなれませんねぇ。

色はきれいでも大きさもかなりのもの。
やっぱり自分も苦手です、ね。(^v^?

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
Translation(自動翻訳)
最近の記事
リンク
プロフィール

くらた きょうこ

Author:くらた きょうこ
『14階の縁側日記 - ぶろぐ版』へようこそ!
私は町の調律屋です。
ピアノの調子はいかがですか?
調律のお問い合わせは、
カテゴリー
『調律のお問い合わせはこちらです』
を、ご覧ください。

ただいま14階のベランダでバラを育てています。
ほか、脈絡のない記事が並びますが、ごゆるりと。

「プロフェッショナル:自分のやりたいことをやるのではなく、相手の期待にこたえるもの」(by 三谷幸喜)

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。