スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バッハの顔が復元!?

0229BACH


http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2357552/2689565

イギリスで頭がい骨から復元したんですって。
> 【2月29日 AFP】最新の科学技術によって、ドイツの作曲家、故ヨハン・セバスチャン・バッハ(Johann Sebastian Bach、1685-1750)の頭がい骨から「実際の顔立ち」を再現することに成功...

故ヨハン...って、まぁ碓かにそうではありますが、ちょっと不思議な感じがしますね。
どうです?
太っていた、というより骨太でがっちり筋肉質にも見えます。
職人気質まで感じますが、皆さんはどうでしょう?
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

ベランダでつるピース

0229ピース

いよいよ2年目、つるバラ「ピース」
地面に植えると巨大なバラが咲きます。(^v^)
昨年初めてバラを買うに当たり、読みの甘かったお買い物。(^v^;
ベランダでつるピースを、とその筋の方が聞いたら
「なんと無謀な!」とおっしゃるやもしれません。
鉢植えはそれなりに育つから大丈夫、とも励まされ...。
ま、何事も経験ですね。

つるバラはその年に伸ばした枝に翌年開花するということで、
去年はまるまる一年間ひたすら成長を見守りました。
そしてピースもひたすら真上を目指して成長。
竿だけのような支柱を用意してまっすぐ支えた所、
ベランダの天井につっかえる程に。(-_-)

それを先日この冬一番の作業で枝を横向きになるよう誘引してあります。
それが今新しい芽を膨らませています。

テーマ : バラが好き!
ジャンル : 趣味・実用

グリーンアイス

0229グリーンアイス

ミニバラ「グリーンアイス」
3cmほどのバラですが、たっくさん花が付きました。
しかも、うっすら桃色がかった白くて小さい蕾が、
クリームホワイトで開いたあと薄いグリーンに変わってくる。
そしてなかなか散らないのです。
思いっきり近付かないと香りは楽しめませんが、
うちではハンギングにして正解の鉢姿です。
ハダニやうどん粉病にかかりましたがご覧の元気さ。
この鉢だけは完全に植え替えをしたので、
今年もたくさん咲いてくれるといいな。

テーマ : バラが好き!
ジャンル : 趣味・実用

ヒストリィ

0229ヒストリィ

「ヒストリィ(HT)」と言います。
とにっかく蕾の形がユニークなようです。
まだ写真でしか味わっていないのですが、
ころんころんの真ん丸みたいです。(^-^)
それが見たくて入手してしまいました。
昨年の購入直後のお花の写真はカテゴリ「ヒストリィ」からどうぞ。

このヒストリィともうひとつ大事にしているノスタルジィというバラは、
ともにドイツの<タンタウ>という会社の作出。
何か共通の印象があり、私はそれが好きみたいです。

テーマ : バラが好き!
ジャンル : 趣味・実用

ホワイトピーチオベーション

0229WPO

小さい鉢バラとして楽しめる「ホワイトピーチオベーション」
季節でいろいろな花の様子がありました。
5cmもない花なのにぎっしりつまった花びらは柔らかく、
よく見ようと近付くといい香りにノックアウトされます。(^v^)
これは病気にも負けない強い種類ですね。
お正月頃まで昨年の蕾を保っていましたが、
その下からもう今年の新芽の気配がありました。
常緑、ですか? というくらい。(>_<)
葉っぱも元気そうです。

テーマ : バラが好き!
ジャンル : 趣味・実用

アンジェラ新芽

0229アンジェラ

つるバラの「アンジェラ」
花びらは少なめですがピンクの小振りなころんとした花が、
びっしり咲くはず...。(自信なし)
近付くと香りを嗅ぐことができます。
今は、秋以降ににゅにゅにゅ~っと伸びた枝をくるくる巻いてあります。
その枝から新しい芽が膨らんできています。

昨年夏前に入手したのでうちで咲くのは今度の春が初めて。
バラ園で見たアンジェラのアーチ...をイメージしながら、
ベランダで上手くデザインしていけるといいですね。

テーマ : バラが好き!
ジャンル : 趣味・実用

ザ・ピルグリムの新葉

0229ピルグリム

名前は「ザ・ピルグリム(ER)」というバラ。
数えきれない枚数の花びらを持つ黄色のバラがひと枝の先に3~4輪咲きました。
いい香りがします。
開ききるとはらはらと花びらを落としていくので、
それより先に切り花にするか、ひたすらベランダの掃き掃除をします。(^-^)
枝は細めで真っ直ぐ上向きに増えていきます。
ベランダでは枝が広がり過ぎないようにと、昨年は自然素材の支柱を立てて結びました。

テーマ : バラが好き!
ジャンル : 趣味・実用

地元の貸し農園

住んでいる区に「区民農園」というのがある。
昨年、何かの偶然で知ったのだが、その時は、
「ベランダで収穫できる手軽さだから自分でも栽培してみるんだよな。」
と、応募しなかった。

そして1年経ち、
「そう言えば区民農園って、まだ借りられるかなぁ?」
などと思うようになった。

区役所のサイトで「区民農園募集要項」を見てみると、
なんと、まさに今週、来年度分の応募が始まったところだった。

「区民農園」は1年単位でひと区画を5,000円で借りる形態。
内から近い農園の競争倍率は5倍弱。

......。

こういうの、当たらないんだよな。
ま、当たったら嬉しい、めっけもん、ということで、
早速往復はがきを買い求め、応募いたします。

当たったら何を作るか?
え~、それはお味噌の原料、大豆、かな?

テーマ : 40代のエンジョイライフ
ジャンル : ライフ

迷惑コメントが来るようになった

こんなタイトルつけると、それこそ迷惑コメントが増えそうだが、
ど~しよ~もない内容の迷惑としか言えないコメントが来るようになった。
都度、そういう類いのコメントは削除しますが、
それより先に読まれた来訪者の方には、
くれぐれも内容の青い字をクリックなされませんよう、
重々お気をつけ下さい。

バラの消毒記録

昨日、半土替えをしたバラ9鉢に、
今朝、はじめて「アグリチンキ36」の約5000倍液を散布。
土は昨日の水やりでまだ乾いていないので、
株もとへ、じょ~じょ~じょ~、くらいと、
スプレーで茎や新芽にかけました。

これで今年のバラの消毒スタートです。
年間希釈倍率表参考:http://www.k2.dion.ne.jp/~swt/index6.htm#Q11
有限会社 エスウェルテックさんの商品、アグリチンキ36。

期待してますよ~。
その前に、自分が定期的に散布しなくちゃ意味ないんですよね。
(^v^?

テーマ : バラが好き。。。
ジャンル : 趣味・実用

バラの植替えもどき

今朝からバラの冬のお手入れ(らしき事)をやりました。

0218植替え

先月までに剪定と誘引を済ませたツルバラも含め、
植替えたつもりの根きりと土の再生です。

今年の私の方法は、
・鉢の内縁に沿ってスコップをぐさっぐさっと土に差す。
・鉢表面を円グラフ風に見立てて、その1/5くらいはなるべく深く耕す。
・浮き出た細い根、固形肥料の残骸を取り除く。
・「もみ殻燻炭」を振り入れ漉き込む。
・仕上げにたっぷりの水やりとバイオゴールド固形をばらまく。

今回の対象は、
つるピース、バフ・ビューティ、ザ・ピルグリム、アンジェラ、ノスタルジィ、ヒストリィ、ホワイト・ピーチ・オベーション。

キモッコウバラ八重は放置。
グリーン・アイスだけはどうしても植替えしたかったのでやりました。
(植替えついでに観葉植物の2鉢もすっきり植替えしましたよ。)

去年の残りの葉は全部手で取り除きました。
剪定も見直して今度の春に向け準備万端。

果たしてこれだけのお手入れで、
来年度どれくらい病気が出るものだか...。
石灰硫黄合剤というものは使いませんでした。
その代わり、アグリチンキ36というのを入手。
週1回薄めて散布しなければなりませんが、
スポイトも買いましたのでなんとかやってみる気になっています。

そう、いろいろ私のつたない腕のもと、
バラ初年度には犠牲になったバラもありましたが、
生き残ったこの9鉢で今年はスタート。
色味は薄い黄色からピンク系。
......。
真っ赤なバラも咲いて欲しいなぁ...

テーマ : バラが好き!
ジャンル : 趣味・実用

四万温泉でカモシカと

カレンダー通りのお休みが取れないふたりの振替連休。
宿の前まで連れて行ってくれる高速バスに乗り、
はじめて四万(しま)温泉へ行きました。
超短期似非湯治客...(^v^?
0212Y 0212K
到着後最初に入った16:00くらいの露天風呂で、
人生できっと最初で最後と思うことに遭遇してしまいました!

ー ー ー

雪も降らず、風もなく穏やか~な山の空気の中、
室内側から露天風呂の植栽に飛んできた野鳥にしばし見とれ、
飛び去ったのを確認しておもむろに外へ。
湯温を確かめながらそろそろと湯に入り、
タオルを畳んで岩に置き、
「ほ~、気持ちい~い...。」
と体を沈める私の目に入ったのは、
露天風呂の植栽の脇からじっとこちらを見据えるカモシカの顔。

!?!?

と~ぜんながら、まず頭をよぎったのは、
「何? この露天風呂、動物の置物があるの?」

と最後まで思うより先にカモシカがゆっくり頭の向きを変えたのでした。

「なんか、こういう状況ってやばくない? 
そんなことはない???」

日頃、野生と接点が持てたらなぁ、と思ってます。
はい、碓かに思っていますが、

「なんで素っ裸の時なのよ~~~~~~!」

です。しかも目と鼻の先、確実。

幸い、時間帯が良く私ひとり。
ここはじっくりゆっくり...。

ダイジョウブユックリタベナ
シズカニシテルヨ ハッパオイシイカイ

などと話しかける自分。
ゆっくり植込みの若枝や葉をむしり、
口を左右にもごもごさせながらまっすぐ私の目を見るカモシカ。

目がきらきらで、こんな濃密なアイコンタクトは初めてです。

1本なんとな~く食べると隣の植木へ。
カモシカの口元が柱の陰になったので私もお湯の中を移動...
表面が熱い!
少しばしゃばしゃとかき混ぜながら動いたのに、
カモシカは平然としてました。

葉っぱに届かないと足やあごで枝をしならせて食べる...ぽきっ!
あ、そうやって折れちゃうのね、って感じです。

塀沿いに一列ひととおり口にしたカモシカがくるりと向きを変えるので、

オシマイナノ カエルノ?

すると始めに目があったあたりで止まり、またじっとこちらを見るではありませんか。

コッチニ ササ モアルヨ

と指差してみせたら、
カモシカの体重が前足に乗ったように思え、
「あ、こっちに来る。」
そんな予感は的中しました。
背丈の低い笹の植栽をかき分けて玉砂利の上を私の目の前2mまで、
まるでかぶりつきの舞台の上手から主役がゆっくり登場、
みたいな感じです。

しかもセンターで、

「こっち、向いてる~~~~!」

嬉しいやら、怖いやら、何がなんだかもうどっきどき。
カモシカは何を考えてたのかなぁ。

「私を食べないよな、草食動物だもんね。
お湯にも入ってこないよな。」

あっついお湯が表面を流れてきてどうしようもなくなり、

チョット オト タテルヨ

ばしゃ、ばしゃ。

それでも逃げるどころかじっと立ったままのカモシカ。

私から顔を近付けたらどうしただろう?
いや、相手は野生。
これ以上の接近を望むのは贅沢過ぎだ。
だいいち、普通なら人間の目線のほうが高いはずなのに、
今自分はお湯の中なわけで、
完全にカモシカに見下ろされているのですよ。
この感覚、なんと言ったらいいのでしょうか。

そうやって、どれくらいの静かな1頭と1人の時間が流れたのか。
カモシカは笹を食べる事無く舞台中央奥の笹をかき分け、
結構肉感のあるお尻を見せて退場していきました。

感動して半放心状態の客はお湯から出る事も出来ず、
ただひたすら、自制心のない客の入ってこないことを祈るばかり。

すると、
がこん、がこん、と板塀を越えて行くひずめの音。

脱衣所へ戻ると、20代の女性数人が連れ立って入ってきました。

「タッチの差だったね、カモシカさん。」

ー ー ー

も~お、ひとり心の内は狂喜乱舞してました!
宿の人にも言わず、だんなさんにだけ聞いてもらいました。

鹿男ならぬ、鹿女?
ニホンカモシカは国の特別天然記念物です。


翌朝...
0213朝雪 0213山の実 四万温泉ジョウビタキ

こんな枯れたツタの実を食べに野鳥の混群が現れ、また小躍り。(^v^)
これってワインで言うところの貴腐状態。
アイスワインのブドウで言うと、
凍って不要な水分が出て甘さ凝縮、だったかな。
鳥も美味しいものはよく知ってるのね。
0213四万川雪
それにしても、ふふ、寒かった。

テーマ : 温泉♪
ジャンル : 旅行

眼鏡とコンタクトレンズ

アンコール上映なるもので、
昨年の映画『めがね』を見て来て、考えました。


眼鏡(で過ごす日)とコンタクトレンズ(で過ごす日)は、
自分の中で別モード扱いしてるところがあるな、って。

映画では「ハマダ」と「マリンパレス」とでも言いますか。
(見た人にしかわからない表現ですみません。)


小学生のころから視力矯正と付き合ってきた私は、
ハードコンタクトレンズ、眼鏡、O2ハードレンズ、眼鏡...
そして矯正なしには生活出来ないほどのド近眼です。
ここ数年は、眼鏡+1日使い捨てレンズの併用に落ち付いています。
(使い捨ては時代に合わない、という話しは今日は目をつぶって)

眼鏡はご存じの通り眼球から離れていて、
しかも眼鏡フレームの外側は矯正外です。
何かを注視するときはあまり意識しないと思いますが、
眼鏡をかけて漠然と視界を眺めると、
矯正されていないフレームの外側も見る事が出来ます。
そう、ボケボケですが。(^v^?
これを含めて、
自分が「見ていなくても」脳には「届いている」視界の全体だと思うんです。

ここからは私の思い込み。

不明瞭な視覚情報ばかりが届く脳は、
果ては明瞭な認識が出来なくなるのではないだろうか、
「明瞭」に反応することができなくなるのではないだろうか。

あたまがぼんやり鈍くなるかも!! (>_<)

と思っているのです。

そこで、車の運転をするとき、
勿論仕事をするとき、
身の回りの危険情報を見逃したくないとき、
脳の働きをさぼらせたくないときなどは、
コンタクトレンズで過ごすことになります。

反対に、(^u^)
頭を休ませたいとき、
危険が少ないとき、
視覚に頼らず五感を働かせたいとき(?)などは、
その日一日眼鏡で過ごすのです。

映画『めがね』風に言うところの「黄昏れ」たいとき、ですね。


な~んて、
視界がクリアなことに越したことは無いわけで、
どちらを使うかはそのクリアさの必要さ加減ですね。(^-^)

マーガレットは大鉢に!?

0204マーガレット

順調ですよ~。(^o^)
3年目(?)のマーガレット/サンデーリップルです。
昨年、春と夏に丸刈りしたのに!!
暮れにはもっさりして開花を始めました。
そして、年明けから順調に花を増やしながら、
株自体も膨れて育っています。

難点は、
株が大きい = 枝が長い ーー> 株の表面に隙間が出来る。
こんなところでしょうか。
これも仕方がないですね。

なんにしてもベランダでこんなに大きく育ってくれちゃって、
洗濯物を干す度にあっちへごろごろ、こっちへごろごろ、です。

開花が始まってから今になって下葉が少し黄色くなりそうな気配。
なので、固形肥料をまきました。
まだ花は小さくなったりしてませんので、緊急ではないですね。
このまま春まで咲き続けるのだぞ~! (^O^)/

テーマ : ■お花が好き♪
ジャンル : 趣味・実用

翌朝の月金木

0205の朝

昨日に続き、今日もだんなさん撮影の1枚。
(^-^)
昨日とほぼ同じ時刻の月、金星、そして木星。

そして、
来週2月11日には、
だんなさんの指揮でホルスト作曲、組曲「惑星」を聴きます。

上野の森交響楽団 第60回定期演奏会

朝の月金木

朝の月金木

今日はだんなさんの撮った写真。

「くぁ~くぁ~寝てたから起こさないで写真撮っておいた!」
だそうです。(^v^?
碓か、月と金星と木星、って言ってました。

昨日の雪の残るキ~ンとした朝の空気です。

ちなみに昨日の雪の景色...

0203雪マーガレット 0203雪

お化粧

初めてお化粧したのっていつですか?

私は高校3年のとき、無料のパレット化粧品を目当てに、
友達とメーカー主催のメイクアップ講習会に行ったことがあります。

大学合格のお祝いに、ファンデーションや口紅をくれた叔母もいたなぁ。

そうねぇ、
大学生から社会人になった数年間は、
ブランド品も購入してみたり、
下手で、薄いながらもお化粧していたんだっけ。
でも、ファッション雑誌で取り上げるようなメーキャップはとても出来なかった。

調律という仕事柄(肉体労働)、
夏場は特にお化粧している場合ではなかった。
移動の外歩きで汗だく、ピアノに向かって汗だく...。

次第にスキンケアと眉メイク Only に。

趣味のひとつはスキューバダイビング。
日焼けし放題!!
しみ、そばかす、ちゃんと出来てます。

40過ぎて、
さすがにノーメイクでははばかられるシチュエーションもなきにしもあらず。
というより基礎化粧だけではやはり顔の印象が薄れてきた気がします。
思うところもあり、つい最近、また薄化粧を再開。

20数年も経つと化粧品、特にファンデーションなど改良開発が進んでるんですねぇ。
これは、もう、塗ったほうがいい、という位にです。
若い頃は、ファンデーションを塗った方が肌がかさかさして、
お化粧したのに化粧になってない、という矛盾感に苛まれ(?)、
いっそ何も塗らない方が余程...と思ってしまったのでした。

再開して思ったこと。
お化粧する、できるのって、なんか楽しいのね!

ちょっとピンクのフェィスパウダーを頬にのせるだけで気分が和んだり、
ハイライトカラーの白が光を放つと、
そこから自分のエネルギーが発散しているような錯覚も。

長いこと手抜きをしていたお肌の手入れを楽しんでみようと思う冬でした。
カテゴリー
Translation(自動翻訳)
最近の記事
リンク
プロフィール

くらた きょうこ

Author:くらた きょうこ
『14階の縁側日記 - ぶろぐ版』へようこそ!
私は町の調律屋です。
ピアノの調子はいかがですか?
調律のお問い合わせは、
カテゴリー
『調律のお問い合わせはこちらです』
を、ご覧ください。

ただいま14階のベランダでバラを育てています。
ほか、脈絡のない記事が並びますが、ごゆるりと。

「プロフェッショナル:自分のやりたいことをやるのではなく、相手の期待にこたえるもの」(by 三谷幸喜)

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。