スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピアノ、ハンマー交換の準備

グランドピアノのハンマー交換修理のご依頼あり。
新しいハンマーを注文する為に、
サンプルとなるハンマーを数本お借りします。
スポンサーサイト

本質?

なぜスタインウェイか?



1964年頃のスタインウェイ。
正直、直り切らない所はどうしようもない。
でも、調律をしたら…
ずっと弾いていたくなる。
これが、魅力。😃

ピアノ地震対策

1つめは、ピアノの転倒/耐震実験の映像付きです。

防災本舗さんの「ピアノストップベルト」

左側の紺色の「ピアノストップベルト」をクリックすると
動画のあるページに移動します。
取り付ける場合の費用は未確認です。

2つめは、YAMAHAの商品。

「ピアノ転倒防止器具 - ヤマハ株式会社」

取付のできない機種もありますので、ご注意ください。

そして、今までにもご紹介、取付したことのあるこちら。

教育楽器販売さんの「フトーゴムD」

このページの真ん中あたりに、
「2.ピアノ・家具類の転倒防止策について(耐震)」という項があります。
 
正直、私には、「コレなら大丈夫」と言えるものはありません。


大事な点は、アップライトピアノの背中側(が、重たいのです)に壁があるか、ないか。

 壁がないと、300Kgの巨体が後側へ倒れやすい。

 壁があると、それはとりあえず避けられると思いますが、前輪がバウンドしてキャスターが飛び出しています(上記、防災本舗さんの動画より)。更に前後に大きく揺れているうちには、どちらへ転倒することも考えられる状況なのだと思います。

最後に、耐震・転倒防止の商品の一覧をご紹介いたします。

イトーシンミュージックさんの耐震・転倒商品のページ

いろいろな選択肢がご覧頂けます。
分かりにくい点などございましたら、お問い合わせ下さい。
右のカテゴリー下部「調律のお問い合わせはこちらです」からメッセージを下されば、
お返事できるかと思います。(^-^)

使えない奴

使えない奴。
それは、私のコトです。はい。

使えないオバさん、という無言の空気を
好き好んで、痛いほど受けるために
仕事場へ行くようなもんです。

新しいことを覚えて(そんな機会をもらえたのだから)、
身につけて、
この先まだある労働可能人生を送らんと、
我ながらかなりマゾヒズムな社会人生活を送っていると思う。

しかし、使えない、と人に向って言うこと。(実際に言われたのじゃないので、一言お断り申しますよ。)
私は非常に人の心を挫けさせる言葉だと
認識している。
それを、あえて今の自分に向けて追い詰めている。
だって、ほんとに、ほとほと自分のダメな所を突きつけられる毎日だから。

はぁ

草鞋

もうすぐひと月になる。
毎朝バスで通勤。
バスの本数のおかげで早く着くのを幸いに、
毎朝マックで¥100ドリンク。(^。^)

40後半でこういう生活が加わるなんて、なんという幸運。
正月に、
「今年は年相応にお化粧する。」などと目標を立てたのは、
何か気運を感じてのことだったかは
自分でも分からない。

40代女子、2足でも3足でも草鞋は履きなさい、
と何かで目にしたのも今年だと思うよ。
だから、真剣に続けるつもりで頑張ります。


旦那さんが少し寂しくなっていて、
それだけ申し訳ない。
初めのひと月は私が毎日テンパって帰るから、尚更…。
慣れるまでもうちょっと我慢してね。
お願いします。

1952年

1004NO300.jpg
誰ですか? 私の年齢、とか思った人は。^^
違いますよ、この写真のピアノさんの製造された年が1952年。
昭和27年です。

オーバーホールをして、すっきりお化粧直しもして、
ちょっと生き返りました。

細かい外装のデザインもとても良いのですが、
Yamaha Action のフォント、
このあたりで時代を感じるのも良いかもしれません。

Spianoのオーバーホール

0709Spiano.jpg
グランドピアノのオーバーホールのお手伝いが始まりました。
師匠の声掛けで実現。
修理に詳しい先輩技術者と3人チームです。
私は、邪魔にならないようにこまごまと...(^v^?



実は、ピアノのある場所は、
なんと私が10年程レッスンに通った懐かしい所。
修理するピアノはまさにレッスン室だったお部屋にあって、
思わず学生時代にタイムスリップ。

不思議な感覚になります。

もちろんピアノは当初のものではありません。
すでに20数年経過してますから。
でも、玄関から廊下、部屋の敷物、昔風のソファ。
それにレコードや額縁。
そのままです。

高校生のとき先生に「調律師の仕事ってどうなんでしょう?」
とまさにその部屋で問うたのがはじめのはじめの一歩。
先生が息子さん(ピアニスト)付きの調律師さんに聞いて下さり、
その紹介で調律師へと進むことができたのでした。

調律の勉強のため1年間東京を離れなければならず、
その時点でレッスンを止めました。
社会人になってから一度、お宅までご挨拶に寄ったことはありましたが、
部屋には上がりませんでした。
私の記事が載った新聞をお送りしたこともありましたが、
疎遠なまま20年以上...。
それが、この部屋に調律師として戻って来ることができたのです。
こんなチャンスを分けてもらえたこと、諸々に感謝せずにはいられません。

修理中は、そんな感傷には浸りません。
でも、部屋に残る自分だけの記憶が時々ふわっと降り掛かる、
ちょっと特別な体験です。

この夏はもうしばらくここへ通います。^^

弱ってる場合じゃない

大地震から1週間が経ちました。
依然として余談の許さない事態もありますが、
それはそれ!!

今日は重い気持ちを奮い立たせ、
お客様にやっと電話をかける事ができました。

電話口のみなさんもこの1週間大変な中、
いつもどおりに対応してくれて、
おかげさまでわたしも元気になってきました。

本当にしばらくは車を使わず、
じっくり、ゆっくりお客様の所へ向かおうと思います。

まさかこんなときに...調律

まさか こんなときに ピアノの調律なんてしようとは思わないでしょうね。
どうですか? なんてとても電話できません。

でも、
もし、
万が一、
うちのピアノの調子を見ておいて欲しい、
という方がいらっしゃったら、
自転車を繰ってたどり着きます。
連絡、お待ちしております。

(税金を滞りなく払いたい町の調律屋より。)

調律工具屋さんの大売り出し

0218工具仕入れ

普通の人には用のないお店って、世の中ありますよね。
ピアノ修理業界人向けの工具、部品専門店がやはり存在するのです。
いくつかありまして、
昨日からその中の1軒が、年に一度の大売り出しセール中なのです。^^

かねがね欲しいかもぉ、と思っていた工具が約半額になっていたら、
買いますよね~。
在庫をきらしたくない替え部品類も。

珍しくセール初日に出かけたので、
いつになく店内には同業者の方々が多かった。
同業者しか来ないわな。^^
しかも年々、女子が増えてる気がします。
お買い物担当?

私と言えば、
このテのお店に行くと興味が尽きない! (>_<)
この仕事が性に合ってるな、と思う瞬間。
で、ランチの時間がなくなるのも気にせず見てまわったのでした。

テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

カテゴリー
Translation(自動翻訳)
最近の記事
リンク
プロフィール

くらた きょうこ

Author:くらた きょうこ
『14階の縁側日記 - ぶろぐ版』へようこそ!
私は町の調律屋です。
ピアノの調子はいかがですか?
調律のお問い合わせは、
カテゴリー
『調律のお問い合わせはこちらです』
を、ご覧ください。

ただいま14階のベランダでバラを育てています。
ほか、脈絡のない記事が並びますが、ごゆるりと。

「プロフェッショナル:自分のやりたいことをやるのではなく、相手の期待にこたえるもの」(by 三谷幸喜)

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。